奥村仏具店> 仏壇の修理リフォーム

仏壇の修理・修復・リフォーム

仏壇,修理


長年の経過により、 扉裏側の金箔の部分がすれていたり、蝋燭やお灯明のススで、金箔が黒く汚れている。
仏壇修理前

 


仏壇,修理

金具や細かな部品をすべて解体し、特殊な洗剤で丁寧に洗い、乾かし不足品は補い不良部分は修理し、新品同様に、塗装を行い金箔を貼り、組み立てして仕上げる
仏壇修理後

 

 

お仏壇は代々受け継がれていくべきもの・・・
ということは当然ながら修理が発生すべきもの。
修理といっても方法は様々です。 弊社では、お客様のご事情ご予算に応じて仕上げさせていただきます。
お問い合わせ

弊社修理方法
1 .お仏壇を解体します
お仏壇の、外扉、障子、天井を外し、それぞれの部品をつないであるくさびをすべて外し、各部品をバラバラに解体する。お仏壇の内外に打ってあるすべての金具を外します。
2.汚れを洗います
お仏壇を傷めないよう特殊な洗剤を使用し、しっかり汚れを落とします。洗剤を残さないようしっかり洗い流し、水分を乾かします。
お仏壇の、飾り金具は、色を付け直したり、金メッキを付けたりします。
3.木地の補修
解体されたお仏壇の不良部分を修復します。傷などは埋め木したり補修します。大きな傷があったり、反りのひどい部分は作り直したりします。
4.下地作り・塗装
残っている下地を研磨し再度、漆を塗り重ねます。中塗り、上塗りの工程を経て、上等なものは蝋色仕上げを行い、さらに艶のある仕上げを行います。
5.金箔押し・蒔絵
塗装後、半年ほど置いてしっかり乾かしてから、 表面にムラなく均等に本金箔を押していきます。
本金手描き蒔絵を施します。
6.金具打ち・組立て
すべてに金箔を押し終わったら、飾り金具を打ちつけて、元の姿に組み立てます。


 

リンク